vol.1 ヘルシー愛されごはん レシピ監修/倉岡生夏
フード

彼の健康にも私の美容にも嬉しい
ヘルシーなトマトシチューのレシピ

アラサー男性ともなると、次第に基礎代謝が落ちて体重が増え、”お腹ぽっこり”になりがち。アナタのパートナーがそうならないためにも、ここは料理の腕の見せどころ。カロリー控え目、栄養バツグン、さらに自分の美容とダイエットにも効果アリなレシピを、Bio和食料理研究家・倉岡生夏さんがレクチャーします!今回のメインディッシュは、野菜たっぷりのトマトシチューです。

撮影/岡村智明 レシピ監修/倉岡生夏
Main dish

グルテンフリーでヘルシー!具材たっぷりトマトシチュー

Today’s Menu

老若男女を問わず、ほっこりカラダが温まるシチューは、言わずもがなの冬定番メニュー。炒めて、煮込むだけと意外に調理はシンプルで、男性の満足度も高い料理です。今回は、味付けをトマトベースにして、具材にキャベツを1/4玉使い、野菜たっぷりでヘルシーなシチューを考案。トマトに含まれるリコピンは美肌効果を期待でき、とろみを出す小麦粉を米粉で代用してグルテンフリーにするのもポイント。きっと愛情を込めて彼に作ってあげれば、カラダもココロもホットになるはず!?

材料(2人分)

  • カットトマト缶200g
  • 牛乳200cc
  • コンソメ小さじ2
  • しめじ1/2パック
  • 冷凍シーフードミックス一袋
  • バター20g
  • 米粉大さじ1強
  • 塩胡椒適量
  • キャベツ1/4切れ

【作り方】

1. 鍋に油をしき、解凍して水で洗い水気を拭き取った冷凍のシーフードミックスとしめじを炒める。塩胡椒して、しめじに油がまわり、しんなりしたらOK。一度鍋から取り出す(※キャベツはざっくりカットして電子レンジ600wで1分ほど温める)。


2. 鍋にバターをとかし、米粉を入れてチーズの焼けた香りがするくらいまで炒める。焦がさないように注意。


3. 牛乳、トマト缶、コンソメ、1のしめじとシーフード、キャベツを入れて15分煮込んだら完成。

キャベツやトマトなど野菜たっぷりでカロリー控え目。通常シチューのとろみを出すのに使用する小麦粉を、米粉で代用することでグルテンフリーに。カラダの不調を整える作用を期待できます。

肌の酸化を軽減して肌の保護効果を高め、美肌効果のある「リコピン」はトマトに多く含まれています。レシピに使用した牛乳の脂肪分が、リコピンの吸収をよくする相乗効果も。トマトと牛乳の相性も抜群!

Side dish

生の食物酵素がたっぷりローフードマリネ

Today’s Menu

ローフードとは、生の野菜や海草などを46度以下で調理して味わう食事法のこと。年齢とともに減る代謝酵素や消化酵素を、生きたままの食物酵素を味わうことで、しっかりと体内に摂り入れることができます。食材をカットして、マリネして、漬け込むだけと、調理法もカンタン!

材料(2人分)

  • ブロッコリー1/2個
  • マッシュルーム1パック
  • レモン1/4個
  • ポン酢大さじ5
  • オリーブオイル大さじ5
  • 鷹の爪適量

【作り方】


1. しっかり洗ったブロッコリーを食べやすい大きさに、 マッシュルームも三等分くらいにカット。レモンも薄くスライスする。

2. 大きめのボールやタッパーなどにカットした具材とポン酢、オリーブオイル、レモン、鷹の爪を入れてあえて、冷蔵庫で2時間ぐらい漬け込んで出来上がり(ひと晩漬けると味が浸透して美味しくなります)。

Side dish

低カロリーでも満足度アップ!豆乳マッシュポテト

Today’s Menu

バターや生クリーム、ミルクをたっぷり使うイメージのマッシュポテト。豆乳で代用することで、味はそのまま、低カロリーに。豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、美肌にも効果大!

材料(2人分)

  • じゃがいも2個
  • 調整豆乳200cc
  • バター適量
  • 塩胡椒4個

【作り方】

1. 蒸したじゃがいもをつぶす(※じゃがいもは、鍋に2㎝ぐらい水をはり、蓋をして竹串がささるまで蒸すとほくほくになります)。


2. 鍋にバター適量とじゃがいも豆乳を入れて、弱火で煮込む。


3. 塩胡椒で味を整え、お好みの硬さになったら完成。

今回、愛されごはんに合わせた
ヘルシードリンクは?

今話題のチャコールクレンズドリンクは、香ばしい味わいでトマトシチューともマッチ。3つの炭成分に加えて、黒酢や黒大豆きな粉など、ダイエットをサポートする9種類の成分を配合。カラダを内側からキレイにする手助けをしてくれます。黒汁(KUROJIRU) 1箱30包(1カ月分)¥7,450(お得なセット価格あり)

『黒汁(KUROJIRU)』

商品購入はこちら
レシピを監修してくれたのは

BIO和食研究家 倉岡生夏

幼少期から無農薬野菜や旬の魚など食文化に触れていた経験を生かし、食に関する資格を10種類以上取得。健康面に配慮したスイーツやレトルト食品などの商品開発から料理教室の講師、さらに食育に関するライターなど幅広く活動している。

Recommend

  • インタビュー

    【ヨンアのキレイ習慣】スペシャルインタビュー ヨンア

  • メイク

    ヘアメイク小田切ヒロ流 小顔オフィスメイク

  • ダイエット

    ダイエット美容家 本島彩帆里直伝!もんでやせるダイエット

  • ダイエット

    スマートにキレイになる!〇〇だけダイエット最新版

  • ダイエット

    しっかり食べてもやせられる!?プロテインダイエット

  • ライフスタイル

    キレイなあの人のビューティフル・ヨガ・ライフ 武田静加

  • スキンケア

    あの肌はきっと取り戻せる!肌再生スキンケア

© 2019Brangista Inc.