美しい人は走ってる! 新常識「ランナーズ・ライフ」を徹底調査 美容や健康の
ヘルスケア

美しい人は走ってる!美容や健康の新常識「ランナーズ・ライフ」を徹底調査

日本のランニング人口は1000万人を越えるともいわれる今。美容やダイエット、健康のために走る女性も増えています。今回はランニングで美しさをキープしている3人の女性にフィーチャーし、充実のランナーズ・ライフの秘密に迫りました。

編集・ライター/坂野和泉(vivace)

気になるBeautiful Runnerをタップ!

星のや軽井沢 THESCENE ザ・プリンスパークタワー東京

福田 萌子モデル・スポーツトラベラー

ランナー歴 約11年
走る目的 好きだから
走る時間帯 朝起きてすぐ
1カ月の走行距離 120〜200km

走ることで体調が整っていく

ランニングをする目的は、気持ちや身体が強くなる、自然を五感で感じられる、シンプルに楽しい……などたくさんありますが、一言で表すなら“走ることが好きだから”。「走るために体調を整えていますか?」と聞かれることもありますが、答えはNO。大会の前日でもお酒は嗜む程度に飲みますし、食事も好きなものを摂ります。私にとっては走るために体調を整えるのではなく、走ることで体調が整うという感覚です。走る時間帯は夏は4時半~6時頃、冬は6時過ぎが基本です。太陽とともに起きて、朝日を浴びながら走る時間がお気に入り。走る距離はその時期取り組んでいる他のスポーツによって差があって、1日に3kmしか走らないこともあれば20km走ることも。あまり距離やタイムは気にせず、自分が気持ちいいかどうかを大切にしています。

01Running Course

map

スタート地点:外苑前駅
ゴール地点:代々木公園内のカフェ
「Little Nap COFFEE STAND」
総距離:約10km

四季を感じられるコースが好き!

自然の中で運動することが好きなので、銀杏並木や代々木公園は四季を感じられてお気に入りのコース。赤坂御所の周りは1周3kmなのですが、アップダウンが多く実際の距離以上に走れるのでおすすめ。私が平坦なコースよりも坂が好きだからですが(笑)。ファンランだけでなく、トレーニングにも最適です。ゴールのLittle Nap COFFEE STANDで買ったコーヒーを飲みながら公園の中を歩いて帰るのが習慣です。

02Running Gear

上:ビブを付けることができる腰ベルト2種。ビブをピンセットで付けるのが好きではないので、愛用しています。大きいものは収納付き。右:後れ毛が落ちないようにするヘアバンド。ウエアに合わせてカラーもいろいろ。左下:ガーミンの時計。マラソンやトライアスロンのときに使っています。

03Running Music

Playlist

♪1 自然の音朝は音楽はあまり聴かず、燃える朝陽を感じながら、小鳥のさえずりや風の音、朝を作っているさまざまな音に耳を傾けるのがいちばんのお気に入りです。

♪2 Norah Jones/アルバム「Come Away With Me」お気に入りが変わらないタイプなので、このアルバムは17年くらいずっと聴いています。元々クラシックが好きなので、走るときもゆったりした曲が多いです。

♪3 Ed Sheeran/アルバム「+(プラス)」よりThe A team/Drunk/Small Bumpこれも6年くらい聴いています。柔らかい声と美しいメロディーを聴きながら朝焼けの中を走るのが気持ちいいです! 歌詞は少し悲しいんですけどね(笑)。

RUNNER'S BEAUTY

2日に1回パックをしています。今はSABONのデッドシーシリーズの泥パックがお気に入り。スクラブ入りで毛穴の汚れが取れツルっともち肌に。ヨガを取り入れたストレッチや三点倒立も欠かせません。

モデル・スポーツトラベラー
福田萌子

1987年6月26日生まれ。沖縄県出身。女性のためのマルチスポーツコミュニティ「adidas MeCAMP」ではキャプテンを務める。テレビ・CMなどで活躍中。ランニング以外にも趣味はロードバイク、登山とアクティブ。


大杉 亜依里リポーター・モデル

ランナー歴 5年
走る目的 リフレッシュ
走る時間帯  朝と帰宅後
1カ月の走行距離 60〜70km

フルマラソン完走の目標からスタート

2013年の春頃から本格的に走り始め約5年が経ちました。フルマラソンを完走する!と、しっかりと目標を決めて練習を始めたのもその頃から。私が走る目的は、気分転換やリフレッシュが一番なのですが、食べることも大好きなので、いつでも自由に食事を楽しむための安心材料として走っている、という部分もあります(笑)。時間帯は朝か帰宅後の夜が多いです。ただ、スケジュールが丸1日フリーのときは日中にロングランをすることもあるので、毎日決めた時間に走っているというわけではないですね。走る距離はだいたい5〜6kmを平均週3回なので、1カ月では60〜70kmくらいです。ただ、週末には10〜15km走ることもあって、距離には幅があります。

01Running Course

map

スタート地点:押上スカイツリー付近
ゴール地点:皇居
総距離:6〜15km(皇居の周回数による)

ラン後のお楽しみを想像して走る!

スカイツリーのある押上付近から皇居までの6kmほどのコースにプラスして、皇居を1周すると約10km、2周で約15kmと距離の調整がしやすいのでおすすめです。雷門や江戸通りなど、下町のランドマークを通るので、プチ旅行気分も味わえます。周辺は飲食店も多く、ラン後のゴハンを想像して走るとテンションが上がりますよ!(笑)。

02Running Gear

お気に入りのウェアは「Brooklyn Running Company」のトップス。まだ日本未入荷のブランドなので、いつかお店のあるニューヨークへ走りに行きつつ、ショップをチェックしたいと思っています。ちなみにボトムは「Roxy」のもの。基本的に色はブラックなど、クールなスタイルが好きですね。

03Running Music

Playlist

♪1 安室奈美恵/In The Spotlightランニングを始めるきっかけになった、オーディションを受けていた時にずっと聴いていた曲。当時の「頑張るぞ!」というポジティブな気持ちを思い出します。

♪2 Marron5/Moves Like Jagger feat. Christina Aguileraヴィクトリアズ・シークレットのショーでも使われたこの曲を聴きながら走っていると、モチベーションと美へのイメージが湧き上がります!

♪3 安室奈美恵/Hero自分がスポーツを楽しむようになってから、アスリートへのリスペクトの気持ちがより大きくなり、オリンピックやW杯のテーマ曲はよく聴きます。

RUNNER'S BEAUTY

海外ロケなどで走れないときにも体調を維持できるように、身体をほぐすこととリンパマッサージは欠かせません。メルヴィータのボディオイルを使ったり、顔はユビタマゴというローラーでほぐしています。

リポーター・モデル
大杉亜依里

2013年よりTOKYO GIRLS RUN supprted by'TORAY' 2期生メンバーとして本格的にマラソンを開始。フルマラソンの自己ベストは3時間43分13秒。リポーターとしてTBS系『日立世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとしても活躍中。


三原 勇希タレント・モデル・ラジオDJ

ランナー歴 6年
走る目的 好きだから
走る時間帯 いつでも空いた時間
月の走行距離 40~50km(大会前は100km)

ダイエット目的から本格ランナーに

元々は痩せたくて大学3年生のときにランニングを始めたのですが、実際にはそこまでは痩せませんでした(笑)。でも、日々運動する習慣と体力がつき、今では完全に生活の一部であり趣味になっています。走ることは心身ともによりよい状態にしてくれるので、モヤモヤした時やへこんだ時ほど走るとよりスッキリします。大会に出たりすると、自分に試練を課すことで目標を達成する喜びを感じられて楽しいです。職業柄、毎日仕事の時間が決まっているわけではないので、走るタイミングは朝昼夜問わず空いた時間に。気分や時間の余裕があるときに気軽に走っています。1カ月を通すと距離はだいたい40k~50km。フルマラソンに挑戦するときは、3カ月くらい前から月100kmを目標にトレーニングしています。

01Running Course

スタート地点:自宅
ゴール地点:温泉
総距離:10~25km

ランニング後の温泉がご褒美!

お台場や浦安の大江戸温泉物語や郊外のスーパー銭湯など、目的地を温泉に。単調で長いコースや同じ所を走るのは飽きてしまうので、月に2~3回はこうしたとにかく楽しいランニングをしています。温泉近くの郵便局に事前に着替えを送っておいて、汗を流したあとはそのまま電車で帰れるようにしています。目的地をお台場にするとレインボーブリッジを走れるのも魅力です。

02Running Gear

「NIKE EPIC REACT FLYKNIT」AFE限定モデルを愛用中。軽くて適度に反発もあり、20kmくらいまでを気軽に走るのに◎。AFEという東京を拠点に活動するランチームのための限定デザインで、洗練されたホワイトを基調に、ソールには東京メトロをイメージした色とデザインが入っています。仲間にだけわかるのもポイント!

03Running Music

Playlist

♪1 Disclosure/ Where Angels Fear to Treadうるさすぎないダンスミュージックで走りやすい。朝昼夜、いつでもハマるご機嫌な1曲は、70年代の曲をサンプリングしてあって温故知新な印象でお気に入り。

♪2 Keith Jarrett/Köln, January 24, 1975 Part IIピアノのみのオーガニックなサウンドは、朝と自然がよく合います。軽快でグルーヴが途切れないので、曲の間の11分、どこまでも行けそうな気分になります。

♪3 Awich/Remember feat.YOUNG JUJUヒップホップが好きで走るときにもよく聴きます。ダンスホールのリズムが足を動かしてくれ、ラップのフロウ(抑揚)も夜の街ランによく合います。

RUNNER'S BEAUTY

自炊が大好きです!とくに、タンパク質・ミネラル・野菜をたくさん摂っています。バランスのよい食事とたくさんの睡眠がいちばんの秘訣。余裕があれば、メルヴィータのオイルとかっさでリンパマッサージも。

タレント・モデル・ラジオDJ
三原勇希

1990年4月4日生まれ。大阪府出身。ファッション誌『ニコラ』のモデルとしてデビュー。現在はスペースシャワーTV「スペシャのヨルジュウ♪」のVJや、FM802「INTRO-JUIC 802」のラジオDJなどとして幅広く活躍中。

     

↓さらに加圧シャツで美ボディへ↓ ビープレス

Recommend

  • インタビュー

    【だーりおのキレイ習慣】スペシャルインタビュー 内田理央

  • ライフスタイル

    私に"ぴったり"を見つけよう!いま旬な"It ヨガ"

  • メイク

    パッチリ目元をつくる 大人っぽいアイメイク

  • ライフスタイル

    キレイになるための情報を発信!FABIENNEアンバサダー

  • ダイエット

    最旬"宅トレ"スマートグッズ

  • ダイエット

    痩せるダイエット三大トピックス

  • フード

    BIO和食研究家 倉岡生夏さん監修 美容PLUSレシピVol.4

© 2019Brangista Inc.