オフィスではじめる! ハッピー瞑想
スキンケア

[ドクター監修]夏の日焼けを徹底ガード!紫外線対策・最前線

アラサー肌の大敵・紫外線は、油断して対策を怠るとシミや老化の原因に……!?手遅れになる前に、紫外線の肌への影響から日焼け止めの正しい使い方まで、美肌のプロにうかがいました。夏本番の今だからこそ、これまでの紫外線対策を見直してみませんか?

編集・ライター/伊藤香澄(vivace) イラスト/青山京子
皮膚科医 小林智子先生
老化の原因は紫外線!?

紫外線には、オゾン層で吸収されほとんど届くことのないUVCに加え、UVA・UVBの3種類が存在します。UVAとUVBは、与えるダメージ力や到達する深さが異なります。UVAに比べて肌へのダメージ力が強く、日に焼けた直後の赤みや、その後黒くなる、いわゆる日焼けの症状はUVBの影響によるものです。一方で、UVAは表皮よりさらに深い真皮にまで浸透し、シミやシワなどの原因になる「光老化」を引き起こします。日常的にUVAを浴びることで、時間をかけてゴワゴワとした弾力のない肌を作ってしまうのです。

紫外線対策Q&A

SPFとPAの違いって
何ですか?

SPFはUVB、PAはUVAへの防御力を表します。

市販の日焼け止めではSPFは数値、PAは「+」の数で表記されています。どちらも数が大きい方が防御力が高く、日差しが強い夏のおでかけシーンではSPF50以上、PA+++以上がおすすめです。さらに、日傘やサングラスなどを併用することでより紫外線をブロックできます。ただし、日傘をさしていても、浴びる紫外線の50%は地面からの照り返しのため、日焼け止めはマストです。

曇りの日でも
日焼け止めは必要?

曇っていても油断は禁物!塗るべきです。

日差しの少ない日や日陰にいるとき油断しがちですが、曇っていても紫外線は地上に届いています。少なくとも夏の間は、曇りの日でもSPF30、PA+以上を使用することをおすすめします。

去年の残りの日焼け止め、
使っても大丈夫?

使えるのは保存状態のいいものだけ。

日中持ち歩いているものは劣化が進むため、シーズンごとに買い換える必要があります。商品にもよりますが、涼しく日の当たらないところで保存したものに関しては、開封済みでも2、3年は使えると言われています。

日焼け止めの
正しい分量と塗り方は?

ちょっと多いかな?くらいが適量です。

日焼け止めは、せっかくSPFやPAが高いものを使っていても分量が少ないと本来の効果が発揮されません。目安としては、1cm×1cmの正方形の面積に対して2ml、顔でいうと、パール大2粒程度です。塗り直す頻度は2時間に1回がベスト。最近ではメイクの上からでも塗り直しやすいスプレータイプの日焼け止めや、抗酸化成分の入った飲む日焼け止めなどもあるので、無理なく組み合わせながら使ってみてください。

日焼け止めの選び方で
気を付けた方がいいことは?

保湿成分が入っているものを選んで。

紫外線を浴びると肌が乾燥しやすくなります。特に皮膚が薄い首などは、シワやたるみの原因になることも!日焼け止めにもさまざまな種類がありますが、セラミドやヒアルロン酸など保湿成分が入っているものがおすすめです。

「エクラバリア」

日中美容液・日焼け止め・ニキビ予防・美白ケア・メイク下地が1本になった、ニキビ肌にも使える日焼け止め。SPF50、PA++++で紫外線を徹底ブロック!保湿成分が含まれているので、潤いをキープし乾燥を防いでくれます。ウォータープルーフだから、汗や皮脂にも強くUVカット効果が持続します。パラベンフリー、エタノールフリー、無鉱物油、無香料、無着色という低刺激処方。FABIUS エクラバリア30g¥5,000(お得なセット価格あり)

商品購入はこちら
うっかり日焼けに応急処置+α紫外線ケア

日焼けした直後は皮膚に熱がこもっている状態なので、まずは冷やすことが大切。さらに水分補給をしっかりして、保湿しましょう。赤くなっているうちはこの応急処置が有効ですが、黒くなってしまったら手遅れ状態。早めのケアを心がけてください。

日焼けしてしまったあとには、抗酸化作用のあるポリフェノールが多い食べ物を摂るように意識して。ベリー系やブドウなどの果物、赤ワインなどに多く含まれます。また、抗酸化作用が強いリコピンやビタミンA・C・Eも有効です。そこでおすすめなのがスイカ。スイカにはリコピンがトマトの1.5倍も含まれていて、水分補給もできるので日焼け後の応急処置にぴったりです。他にビタミンA・C・Eを豊富に含むニンジンやパプリカなどの野菜も、普段の食事に取り入れやすいので、献立を考えるときに思い出してみてください。

※内臓疾患や薬剤の影響などによって、通常反応を起こさない光線量でも異常な皮膚反応を起こすことを「光線過敏症(紫外線アレルギーなど)」といい、医療機関の受診が必要です。

教えてくれたのは

皮膚科医 小林智子

日本医科大学卒業後、名古屋大学皮膚科入局。同大学大学院皮膚病態学にてアトピー性皮膚炎について研究。
2015年よりNorthwestern大学でポストマスターフェローとしてアトピー性皮膚炎などの臨床研究に従事。医学的観点から健康に配慮したレシピを紹介する「ドクターレシピ」の監修を行う。著書に『皮膚科医が実践している極上肌のつくり方』(彩図社)など。近日アンチエイジングについての新著を出版予定。

Recommend

  • インタビュー

    [ミレイのキレイ習慣]スペシャルインタビュー 桐谷美玲

  • ダイエット

    クロスフィットトレーナーAYAさん直伝!美ボディメソッドABC

  • ヘルスケア

    モデル野崎萌香さんが直撃!小林弘幸先生が腸活のギモンに回答

  • スポット

    「星のや」で癒しの滞在。キレイになるビューティートリップへ

  • ダイエット

    -40kgのNo.1ブロガー・マーティーが語るダイエット成功&失敗Story

  • ヘルスケア

    ホッソリ美人の秘訣。"脱・むくみ"習慣

  • フード

    BIO和食研究家 倉岡生夏さん監修 美容PLUSレシピVol.3

© 2018Brangista Inc.