ヘルスケア

足パンパンにサヨナラ!
今日からできるむくみ解消習慣

「夕方になると靴が窮屈」「むくみで足が太く見えてしまう」パンパンでつらいうえに見た目にも影響を与えるむくみは、女性にとって悩みのタネ。そんなむくみ体質を解消するために、今日からできる5つの習慣、「入浴&マッサージ」「サプリ」「運動」「睡眠」「食事」をご紹介!毎日のルーティンでほっそり足美人を目指しましょう。

編集・ライター/伊藤香澄(vivace) イラスト/青山京子
形成外科医 澤田彰史先生
むくみの原因は?体の中で何が起きてるの?

むくみは毛細血管から出る水分が血管の外に多く漏れ出て、滞っている状態です。通常、ふくらはぎの筋肉を動かすことで血流を促すポンプが作用し、この血流にのって水分も流れていくのですが、ポンプ作用が弱まると水分が溜まってしまいます。男性より筋肉量が少ない女性は、このポンプ作用が弱まりやすいうえ、ヒールで筋肉が固定されたり、デスクワークで1日動かなかったりとふくらはぎの筋肉が動かない傾向にあるため、よりむくみやすいと言われています。

今日からはじめる“脱・むくみ”のルーティン!
ぬるめのお湯で血流を促して

お風呂に浸かることは、むくみ解消に効果抜群!ポイントは38〜39℃くらいのぬるめのお湯で10〜15分程度半身浴すること。下半身だけに水圧をかけることで足先から上半身へと血流を促します。それだけでも十分解消されますが、毎日湯船に浸かれない……という人はマッサージを取り入れてみてください。足先から両手で包み込むようにして、下から上へともみほぐしていきます。下にいけばいくほど水分が溜まっているので、足先からはじめるというのが重要。力を加えすぎずに、オイルやクリームで肌をケアしながら優しく行うのがポイントです。

サプリメントなら手軽にスッキリ!

お風呂にゆっくり浸かる時間もないし、マッサージも毎日はなかなか続かない……という忙しい女性におすすめなのがサプリメント。手軽に毎日の習慣に取り入れられます。血流がよくなると、むくみはもちろん、老化防止や肌のくすみ解消にもつながります。

「スララーナ」

パンパン症状を改善するTie2成分、血流を促進する2種類のサラサラ成分、加えてダイエッターを応援する燃える成分をたっぷり凝縮。抗酸化作用のあるアーモンド油やオリーブ油、リコピンなども含まれており、美容に効果的。FABIUS スララーナ 1袋62粒(約1ヶ月分)¥5,000(お得なセット価格あり)

商品購入はこちら
階段を使ってむくみ予防

むくみの予防には運動も大切!とはいえジムで本格的な運動を始めるのはハードルが高い……という人は、意識的に階段を使うだけで改善できます。階段を登る動作は、血流を促すポンプ作用をつかさどるふくらはぎの筋肉を効率的に鍛えるので、結果的にむくみを予防できるのです。また、デスクワークなどで1日中座っている人は、1時間に1回ほど足をイスの上に乗せるなど、ヒザから下を高い位置に持ってくる習慣をつけるといいでしょう。オフィス環境によって難しい人は、デスク下で貧乏ゆすりをするだけでもOKです。意識的にふくらはぎを動かすようにしてください。

寝ているあいだもしっかりケア

横になった状態は、重力が体に平等にかかるため、足に溜まっていた水分が血流とともに上がりやすくなります。特にむくみが強いときには座布団などを足元に入れ、ヒザ下から全体を15cmほど高くするとより効果的。また、この座布団の代わりとして着圧ソックスもおすすめです。適度に圧をかけることで、効率よくポンプ作用をサポートしてくれます。

「ララスリムナイト」

就寝用着圧ソックス。着圧による寝苦しさなどの不快さを感じさせない独自の着圧設計により、心地よく引き締め、翌朝のスッキリを実現します。FABIUS ララスリムナイト 1足 ¥6,980(お得なセット価格あり)

商品購入はこちら
塩分はむくみの大敵!

塩分を摂り過ぎると、体内の塩分濃度を薄めようと血管の中の水分が増えるため、血管から漏れ出る水分も増えてしまい、むくみを引き起こす原因に。逆にむくみを改善するためにおすすめなのは、そうした塩分を排出する働きがある“カリウム”です。キウイ、バナナ、スイカ、きゅうり、ほうれん草、納豆、きのこ類、海藻類などに多く含まれているので、普段の食事に意識的に取り入れて。また、アルコールには血管から水分が漏れやすくなってしまう作用があるので、むくみに悩む人は寝る前の飲酒を避けた方がいいでしょう。

※顔や手のむくみ、長期にわたるむくみ、動悸など別の症状を伴う場合は他の病気の可能性もあるため、お近くの内科の医療機関を受診してください。

教えてくれたのは

形成外科医 澤田彰史

群馬大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院形成外科学教室に入局。東京警察病院形成外科にて形成外科医としての研鑽を積む。現在は同院で勤務しながら、他の医療機関でも、形成外科・美容皮膚科から、寝たきり老人の訪問診療に至るまで幅広く医療に従事。マスメディアにも多数出演。著書に『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)など。

Recommend

  • インタビュー

    [ミレイのキレイ習慣]スペシャルインタビュー 桐谷美玲

  • ダイエット

    クロスフィットトレーナーAYAさん直伝!美ボディメソッドABC

  • ヘルスケア

    モデル野崎萌香さんが直撃!小林弘幸先生が腸活のギモンに回答

  • スポット

    「星のや」で癒しの滞在。キレイになるビューティートリップへ

  • ダイエット

    -40kgのNo.1ブロガー・マーティーが語るダイエット成功&失敗Story

  • スキンケア

    [ドクター監修]日焼けを徹底ガード!紫外線対策最前線

  • フード

    BIO和食研究家 倉岡生夏さん監修 美容PLUSレシピVol.3

© 2019Brangista Inc.