スキンケア2019.3.21 UP

[ドクターに聞く]化粧直しの回数減!崩れ知らずのモチ肌作り

気温も少しずつ上がり、冬から春への移り変わりを感じる今日この頃。本格的な乾燥の季節は終わりを迎えていますが、湿度や気温の急な変化で、お肌にも影響が出ていませんか?いつもより化粧のりも悪く、すぐメイクが崩れてしまう……。季節の変わり目のそんなトラブルを事前に防ぐべく、美容皮膚科のドクターに「ゆらぎ肌」&「化粧崩れ」対策を教えてもらいました。


文/ファビアンヌ編集部
取材協力/医師のとも

教えてくれたのは……

■宇井千穂先生プロフィール>>>
やさしい美容皮膚科・皮膚科、秋葉原院院長。準ミス日本受賞。全日空客室乗務員を経て、美容皮膚科医として勤務。web雑誌での連載、サプリメントや化粧品の監修など、多方面に活躍の場を広げています。

そもそも、季節の変わり目にお肌の調子が低下するのはなぜ?

きちんとしたスキンケアが必要なのは、空気が乾燥してカサカサ肌になりやすい冬と、暑さで毛穴が開き、紫外線のダメージも受けやすい夏……だけではありません。空気の状態が変化する季節の切り替わりも、お肌がゆらぎやすい時期。宇井先生によると、そういった外からの影響を受けやすい肌の人は、皮膚のバリア機能が低下している可能性があるそう。

「バリア機能とは、細菌や汚れ、紫外線や乾燥などさまざまな外的要因から身体の中を守ってくれる働きのこと。また、身体の内部から、水分など大切な成分を外へ出さないよう防ぐ役割もしてくれています。
この機能が低下してしまうと、お肌は外部の刺激を受けやすくなり、赤みやかゆみなどの症状が出やすくなってしまいます。ちょっとした洗顔でヒリヒリとした痛みを感じたり、お化粧品でかぶれてしまったり、普通の人よりも反応しやすくなってしまうでしょう」(宇井先生)

「敏感肌の原因はたくさん考えられ、それぞれが関係して表に出てくる場合もあります。例えば、アレルギーの体質をベースに持っていることも敏感肌の原因の一つ。そのように遺伝的に肌が弱いことに加え、環境によって引き起こされる場合も多いです。

合わない化粧品を使ってしまったり、間違った洗顔方法を習慣的に行ってしまうなど、お肌のケアに関することや、過労やストレス、寝不足などの不規則な生活により敏感肌を導いてしまうこともあるのです」(宇井先生)

まずは、多少の環境の変化には動じない、鉄壁のバリア機能を持ったお肌作りが大切です。ベースのお肌がしっとりと整っていれば、化粧崩れもしにくいはず。季節の始まりの時期に肌荒れしやすい方は、スキンケアから見直してみてはいかがでしょうか。

化粧崩れ防止には、まず基本のスキンケア方法をチェック!

1.乾燥対策をしっかりする
「角質の保水機能が低下すると、お肌のバリア機能が低下してしまいます。そのバリア機能の低下によって、敏感肌が生まれてしまうので、きちんと保湿ケアをすることが重要です。また、冷暖房や紫外線の影響で、より乾燥が進むことも挙げられます。特に乾燥が感じられる時には、保湿剤を重ね塗りしたり、保湿の回数を増やすのが効果的です」(宇井先生)

2.ストップ!間違ったスキンケア
「洗顔する時にしっかりと泡をたてることで洗浄の効果が高まります。また、泡が洗顔時の皮膚への刺激を軽減させてくれます。こすらず優しく、肌にストレスを与えないように洗顔しましょう。そして、すすぐ時は、泡や汚れを残すことのないように充分にすすぎましょう。また、化粧品で赤みが出たりヒリヒリ感が出た時には、無理をせず、違う化粧品に変えましょう」(宇井先生)

3.肌に合ったサンスクリーン剤を選ぶ
「サンスクリーン剤には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。紫外線吸収剤のものはパラアミノ安息香酸系やベンゾフェノン系、ベンゾイルミタン系などがありますが、これらは肌を刺激してしまうことがあります。紫外線対策をすることはとても良いですが、紫外線吸収剤フリーで香料や着色料などを含まないものをおすすめします。

使用後はきちんと洗顔してサンスクリーン剤を落としましょう。また、使用後は乾燥しやすいので、しっかりと保湿ケアをすることが大事です。サンスクリーン剤だけではなく、帽子や日傘などの併用も効果的です。いま話題の“飲む日焼け止め”を併用しても良いですね」(宇井先生)

美肌作りはカラダの中から!インナーケアで化粧崩れを防ごう

バリア機能を高める方法は、外側からのケアだけではありません。美意識の高いファビアンヌ読者の皆さまには、一歩踏み込んだインナーケアによる美肌作りをおすすめします。

1.やっぱりバランスの良い食事が一番!
「肌を健康に保つ食事療法には、ビタミン豊富な野菜や便秘予防のための食物繊維などを積極的に摂ることは大事です。しかし、一般的に特定の食べ物だけを摂取していれば良いというものではないので、バランスの良い食事を心がけることが必要です」(宇井先生)

2.生活習慣を見直す
「バリア機能を高めるには、きちんとした健康な肌を育てることが必要です。寝不足、過労、ストレスのない規則的な生活を心掛けしましょう。

ターンオーバーは古い皮膚を新しく生まれ変わらせる力のことです。睡眠は、お肌のターンオーバーを促進するのに大切なものなので、質の良い睡眠をとる工夫をしましょう」(宇井先生)

美肌の基礎を作った後はコレ!編集部オススメの崩れ防止・化粧下地「エクラバリア」

FABIUS エクラバリア 商品詳細はこちら(お得なセット価格あり)

バリア機能の高いお肌作りのサポートとして、編集部がおすすめするのはこちらの化粧下地!

SPF50+、PA++++で、肌トラブルの原因となる紫外線を強力にブロックしてくれるこの「エクラバリア」は、化粧崩れ防止にも効果的!大豆エキスの力とウォータープルーフ処方で、テカりやヨレ・ムラなど、化粧崩れの原因を防ぎ、キレイなお肌をキープしてくれる日中美容液(UVケア化粧下地)です。紫外線を強力にブロックしながら美肌作りが叶います。また、紫外線吸収剤フリーなので安心。

規則正しい生活習慣と、自分の肌に合ったスキンケアでお肌の基盤を作ったら、美肌サポート力の高いコスメで、どんな季節も化粧崩れ知らずのお肌を目指しましょう!

▼「エクラバリア」についてはこちら(お得なセット価格あり)

Recommend

  • スキンケア

    美容オタクなら知らないとマズイ!エイジングケア成分「レチノール」って?

  • スポット

    知る人ぞ知る!極上エステ"The光明フェイスデザイン"とは

  • ダイエット

    [体験レポ]最新!痩身エステ「WINBACK」で太ももは細くなるのか検証

  • ネイル

    盛りすぎネイルよりも素材をキレイに! 爪のお手入れ、大人の3 STEP

  • フード

    [管理栄養士に聞く]食べて痩せよう!こんにゃく米の美味しい炊き方

  • ファッション

    季節感満載のかごバッグでマンネリコーデを即今年顔に! 

  • ヘア

    青山・表参道「NORA」の人気スタイリストが伝授!髪質別の春夏トレンドヘア3選

  • ヘルスケア

    デトックス効果抜群!バタフライピーで美味しくキレイをつくろう

  • メイク

    NARS(ナーズ)春夏の新作で、口元を中心に「ツヤ」のある女を目指せ!

  • ライフスタイル

    肌が綺麗な人はみんな使ってる!?「ブースター」とは

© 2019Brangista Inc.